2013年03月01日

一休、JINSも首相要請に応じた賃上げを実施

アベノミクスで首相が企業に賃上げを要請して注目されています。すでにローソンなどが年収の3%を引き上げるなどで応じています。

これに続く形で、宿泊予約サイトの一休が全社員に50万円の特別賞与を支給することにしたようです。

一休の社員数は100人弱いるようですが、3月末に一律50万円を支給するということです。社員の平均年収は550万円ということですから約1割の特別賞与ということになります。

同じくパソコン用メガネがヒットしているメガネ専門店のJINSでも、正社員の年収を約6%引き上げると発表しています。

同社の社員の平均年齢は28.7歳ということですが、約22万円の年収アップになるようです。

両社ともに今期は過去最高益を更新する見込みのようですので、業績を反映したものといえるでしょう。

すでに年収を引き上げると発表しているローソンも業績好調企業です。業績がよければ賃上げをするのは当然ともいえます。

ただ、最近は業績が良くても賃金を引き上げることに慎重な企業が多く、業績向上が賃上げにつながっていなかったというのが実情です。

ローソンなどの動きがほかの企業にも波及して賃上げが行われれば、景気全体の底上げにつながるのではないでしょうか。

経営者の判断にかかっているといっても言い過ぎではないかもしれません。

posted by 人事診断士 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by きちがいは関汽交通旅行部の里〇です、 (08/22)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 連合・サービス連合傘下の (07/01)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 関西汽船南港乗船券販売所・関汽交通社 (06/23)
卒業方式と入学方式 by アディダス 店舗 (09/26)
卒業方式と入学方式 by puma ゴルフシューズ (09/26)
最近のトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。