2013年03月25日

中小企業にも賃上げの機運

報道されているように、大手企業ではアベノミクスを受けて積極的な賃上げ姿勢を見せています。

これが全体的な動きになるのかどうかが気になるのではないでしょうか。大手企業でも業績がよくないところは賃上げも厳しい状況にあります。

中小企業の場合には、こうした大手企業の動きを見ながら賃上げを検討するところが多いのではないかと思います。

大手企業に賃上げ姿勢が広がれば、中小企業でも同様な傾向になる可能性があります。まさしく「気」ということでしょう。

内閣府と財務省がまとめた2013年1〜3月期の法人企業景気予測調査によると、中小企業の利益配分先として「従業員への還元」が52.9%あったということです。

これは前年比では、7.4ポイントの上昇となっています。

半数以上の中小企業で、従業員へ還元することを考えているということです。つまりは賃上げの姿勢があるということになります。

日本の企業の場合には、横へならえという傾向がありますが、大手企業の動きが賃上げへと傾いている状況から考えると中小企業でも賃上げの可能性は高まるといえるでしょう。

すでに株価は昨年後半から上がり続けています。これも先行きへの期待が高まっていることを反映したものではないかと思います。

同じように、他社が賃上げを先行するなら、我が社でもという気持ちになってもおかしくはないでしょう。

もっとも、「気」だけに終わらず実態がそれに伴わなければ、花見酒に終わる可能性もあるのではないでしょうか。

posted by 人事診断士 at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by きちがいは関汽交通旅行部の里〇です、 (08/22)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 連合・サービス連合傘下の (07/01)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 関西汽船南港乗船券販売所・関汽交通社 (06/23)
卒業方式と入学方式 by アディダス 店舗 (09/26)
卒業方式と入学方式 by puma ゴルフシューズ (09/26)
最近のトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。