2013年04月18日

人気企業の2014年新卒採用活動状況

就職・転職情報サービスの日経HRが、「大学生の就職希望企業ランキング」上位100位以内企業を対象に新卒採用活動に関連するアンケートを実施しています。

それによると、選考スケジュールについては、書類選考開始のピークが2014年入社予定者の場合には、2013年対象者より1カ月ほど遅くなっているとのことです。

ただ、内定出し開始時期は「4月上旬」が30.5%、「4月中旬」が35.6%と前倒しの傾向が見られるようです。

学内説明会については、「行った」が98.4%となっており、約3割が「増やした」と回答しています。

面接回数は、「3回」と回答した割合が最も多く55.1%でした。2013年は「4回」が最多でしたが、2014年では17.3ポイント減少しています。

最近、注目されているSNSツールについては、採用活動で「facebook」や「LINE」などのツールを作成したとする回答が51.6%となっています。

「作成した」と答えた企業のうち、93.8%が「facebook」を利用しているとのことです。

今後、ますますSNSツールの利用は増えてゆくのではないでしょうか。

外国人採用については、「はい」との回答が83.6%でした。前年と比べた外国人の採用人数は約5割が「増えている」と答えています。

経済のグローバル化を背景に、グローバル人材を積極的に採用する企業の姿勢が伺える結果となっています。
posted by 人事診断士 at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by きちがいは関汽交通旅行部の里〇です、 (08/22)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 連合・サービス連合傘下の (07/01)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 関西汽船南港乗船券販売所・関汽交通社 (06/23)
卒業方式と入学方式 by アディダス 店舗 (09/26)
卒業方式と入学方式 by puma ゴルフシューズ (09/26)
最近のトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。