2013年04月26日

2014年卒業予定者の4月の内定率は前年比微増の14%

リクルートキャリアが、来春卒業予定者の4月の内定率を発表しています。

それによると、前年同月比0.8ポイント増加の14.4%だったということです。ほぼ横這いといっていいのではないでしょうか。

この数字は4月1日時点の状況をまとめたものです。

アベノミクスで、景気回復の期待が高まっている中では、意外感がないでもありませんが、企業の側はまだまだ慎重ということでしょう。

アベノミクスは、学生の心理にも影響を与えているようで、再び大企業志向が強まっているようです。

リクルートホールディングスによると、1000人以上の企業への就職希望者は前年比で4.1%増加していますが、1000人未満の企業への就職希望者は逆に7.9%減っています。

そのため、企業と学生のミスマッチが高まる可能性もあります。そうすると、内定率も伸び悩むことになるのではないかという見方もあります。

もっとも、企業の採用意欲は改善傾向にはあるようです。

日本経済新聞社の調査によれば、来春の採用は2013年度との比較で10.7%ほど増えているということです。

製造業よりも非製造業の方が採用意欲は強いようで、前年度比で14.5%増加となっています。

アベノミクスは、まだかけ声の段階といっていいでしょう。本当に景気回復が実感できなければ、膨らんでいる採用意欲もしぼんでしまう可能性があるかもしれません。

posted by 人事診断士 at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 人事全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by きちがいは関汽交通旅行部の里〇です、 (08/22)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 連合・サービス連合傘下の (07/01)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 関西汽船南港乗船券販売所・関汽交通社 (06/23)
卒業方式と入学方式 by アディダス 店舗 (09/26)
卒業方式と入学方式 by puma ゴルフシューズ (09/26)
最近のトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。