2013年05月08日

トヨタが熟年専用生産ラインを設置

総務省の労働力調査によれば、60歳以上で働いている就業者数は2012年の平均で1192万人となっています。

これは、前年比では17万人の増加です。6年連続で過去最多を更新する結果となっています。

全就業者に占める割合も19.0%に達し、5人に1人が60歳以上ということになります。

人口の高齢化を反映したものといえるでしょう。今後はさらに高まってゆく可能性があります。

一方で、高年齢者雇用安定法の改正もあり、企業としては高年齢者の活用は避けては通れないということになるでしょう。

そんな中、トヨタ自動車が熟年専用の生産ラインを設置するということです。増加する高年齢者を活用するための措置ということではないでしょうか。

これは、愛知県の高岡工場に設けたもので、ラインを通常よりもゆっくり動かすということです。また車種も1種類に限定しています。

年をとれば、当然のことながら体力や視力が落ちてくるのは仕方のないことでしょう。若い人と同じようには働けないということです。

そこで、高年齢者の働きやすい職場をつくることが求められてきます。

トヨタ自動車の試みは、これに沿ったものといえるのではないでしょうか。

熟練した社員の技能を活かすとともに、若手社員への技能伝承も図るというのがネライではないかと思われます。
posted by 人事診断士 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 人事全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by きちがいは関汽交通旅行部の里〇です、 (08/22)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 連合・サービス連合傘下の (07/01)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 関西汽船南港乗船券販売所・関汽交通社 (06/23)
卒業方式と入学方式 by アディダス 店舗 (09/26)
卒業方式と入学方式 by puma ゴルフシューズ (09/26)
最近のトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。