2013年05月20日

景気回復期待で前向きの転職増

1〜3月期のGDP成長率が年率換算で3.5%になるなど、景気は回復傾向にあるようです。

このような動きを背景に、中途採用も増加してきています。人材サービスのインテリジェンスによれば、4月の求人件数は前年同月と比較して22%の増加だったということです。

特に建設や不動産での求人増が目立っています。「建設・土木」では44%の増加でした。

また株価の大幅上昇を受けて証券会社でも中途採用を拡大しています。例えばSMBC日興証券では昨年末で8000人の社員数を3年後までに8600人まで引き上げるとしています。

中途採用の動向が活発になるということは、転職を希望する人も増えるということになるでしょう。

転職希望者も前年同月比で23%増えているということです。景気が回復することでいい条件での転職を期待する傾向もあるようです。

前向きに転職を希望する傾向が強まってきているということではないでしょうか。

また、経営幹部を紹介することの多いサーチ・ファーム・ジャパンでも3月の企業からの相談件数は前年同月比で2倍になっているとのことです。

今後の見通しも更なる回復が見込まれていますので、企業の人材投資も積極的になってくるのではないでしょうか。

企業の姿勢も直接雇用に傾いてきているようですので、転職の時期としてはまさしく今ということになるのかもしれません。
posted by 人事診断士 at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 人事全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by きちがいは関汽交通旅行部の里〇です、 (08/22)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 連合・サービス連合傘下の (07/01)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 関西汽船南港乗船券販売所・関汽交通社 (06/23)
卒業方式と入学方式 by アディダス 店舗 (09/26)
卒業方式と入学方式 by puma ゴルフシューズ (09/26)
最近のトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。