2013年06月28日

精神疾患による労災認定が過去最多に

個別労働紛争でのいじめや嫌がらせによる相談件数が増えていますが、それによる労災認定も増加しています。

厚生労働省の調査によれば、2012年度に過労や精神疾患によって労災認定された人は475人になったということです。

前年比では150人増えています。3年連続での過去最多の更新となりました。

労災認定が増えた原因として、医療機関でうつ病と診断されることが多くなったこと、また精神疾患による労災申請ができるとの意識が浸透したことがあげられるとしています。

労災になるかどうかについて、新しい基準を設け分かりやすくしたことも労災の申請が増加した要因とも分析しています。

労災が認定されたケースでは、「仕事内容・仕事量の変化」、「嫌がらせ・いじめ・暴行」、「悲惨な事故や災害の体験・目撃」などが多くなっています。

長時間労働によるものも28人増加して338人となっています。

認定された人の1カ月の平均時間外労働は「80時間以上100時間未満」が最も多く116人という結果でした。

業種別では製造業が93人で最多となっています。これに続くのが、小売業の66人となっています。

年代別では30代が149人、40代が146人と、働き盛りの世代に多いといえるでしょう。

いじめや嫌がらせ、また長時間労働など、精神疾患発症の要因を取り除かないと、この傾向は今後も続くのではないでしょうか。
posted by 人事診断士 at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by きちがいは関汽交通旅行部の里〇です、 (08/22)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 連合・サービス連合傘下の (07/01)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 関西汽船南港乗船券販売所・関汽交通社 (06/23)
卒業方式と入学方式 by アディダス 店舗 (09/26)
卒業方式と入学方式 by puma ゴルフシューズ (09/26)
最近のトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。