2005年11月10日

卒業方式と入学方式

職能等級制度には、昇格と昇進という考え方があります。昇格というのは、能力の向上に応じて等級が上がることをいいます。当該等級で求められる能力を満たせば上位の等級に格上げされるということです。

例えば学校で学年ごとに定められた科目を修了すれば学年が上がるのと同じ考え方です。前にも書いたように、この場合、当該学年で定められた科目を修了した事実は消えませんから降格ということはありません。このような評価のやり方のことを卒業方式といいます。

これに対して昇進とは、役職に就くことをいいます。昇進の場合には、能力のほかに適性が求められます。役職者としての責務を果たすことができるかどうか、が判断されるということです。

したがって、求められる能力を満たしているからといって役職に就くことができる訳ではありません。学校でいえばクラス委員のようなものでしょうか。また役職には定員がありますので、適性があったとしても必ず役職に就けるというものでもありません。

一般的には適性に関わる評価に基づいて役職に就くことになる訳ですが、その関門をくぐり抜ける必要があり、このようなやり方を入学方式といっている訳です。

ウイスタリアマネージメント
posted by 人事診断士 at 08:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 評価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プーマストア
Posted by puma ゴルフシューズ at 2013年09月26日 10:31
puma tシャツ
Posted by アディダス 店舗 at 2013年09月26日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by きちがいは関汽交通旅行部の里〇です、 (08/22)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 連合・サービス連合傘下の (07/01)
働く女性でセクハラを経験している割合は16.8%(連合調査) by 関西汽船南港乗船券販売所・関汽交通社 (06/23)
卒業方式と入学方式 by アディダス 店舗 (09/26)
卒業方式と入学方式 by puma ゴルフシューズ (09/26)
最近のトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。